[HOME] / [HISTORY] / [TODAY] / [OB]

[HISTORY TOP] / [Reports] / [Database] / [Iwatsubame]




1960




冬合宿・八ヶ岳

1960年12月25日〜1961年1月3日


(参加隊員)
高2.L.大熊義之 S. 浦口醇二
高1 細島進 溝口洋三 唐沢成昭 鮫島員允
OB 近藤隆治 大橋弘 三浦正人 三島秀介 高林英之 榊原隆彦

この合宿は福原フィルムスの「厳冬の八ヶ岳」の映画撮影が行なわれたため、OBスタッフが多数参加した。
(その映画もこのサイトからご覧になれます。映像はこちらから。)

写真撮影:三島秀介 / 写真提供:溝口洋三



バスで八ヶ岳牧場へ向かう。この写真は現在の原村ペンション付近で。
昔は全く静かなところだった。

一本立てて、テルモスから紅茶を皆にくばる。OBの近藤さん、三浦さん、榊原さん、高1の鮫島が写っている。




出発前の柔軟体操を高2大熊リーダーの掛声で行う。OB近藤さん、大橋さん、高1の鮫島が写っている。

赤岳鉱泉のBCでの身支度の風景。




生活物資や個人装備のパッキングに追われている。

硫黄岳にACを設営したが、大晦日まで4日間猛吹雪で沈殿の日々が続いた。信越線は大雪でストップ、乗客は車内で年越しとなった。




1961年の1月1日はやっと晴天になり、横岳、赤岳がキャンプサイトから姿を出し始めた。

硫黄岳の爆裂キレットはまるでグランドキャニオンのようだ。




全くの晴天になり、皆テントを飛び出して正月の元日を祝った。ケルンが激しい吹雪で雪だるまになっていた。

横岳は岩場の連続する山で、慎重に通過して行く。




赤岳アタックに横岳に取りついた。

阿弥陀岳方向を見る。




いよいよ赤岳への登りが始まる。

OBアカチ(榊原)さんの勇姿




アタックを終わりほっとして一休み。左よりH2.浦口サブリーダーH1.溝口、唐沢、鮫島(かくれちゃった)細島。皆まだかわいらしい。

頂上より帰途につく。




硫黄岳へ通過してACへ向かう隊員の列。





home > history > reports top > 1960 report
prev. next

感想・追加コメントなどをこちらにお寄せ下さい。

(C) 2000-2017, azabu alpine club
all rights reserved.