[HOME] / [HISTORY] / [TODAY] / [OB]

[HISTORY TOP] / [Reports] / [Database] / [Iwatsubame]




1973


新茅の沢



遭難直後で合宿がなかなか組めないためもあって、OB に連れていってもらった新茅の沢。 左から藤田、三品、林、藤森、高野(写真を撮ったのは鈴木さんでしょうね)。




1973年夏合宿・剣〜薬師縦走



剣岳にて。この時三品が雨よけにかぶったバケツがあだ名「バミ」(ばけつみしな)の由来という説もあるが、本命はやはり(ばかみしな)だと言われている。
左から斉藤、高野弟、三品、藤森、野入、永田



獅子岳にて。爽やかに笑っている永田さんだが、夜は疲労からか「軍手!」「起床!」など、ナイスな寝言を連発した。
左から斉藤、高野弟、永田、藤森、平野先生



越中沢岳へ向かう。この日は何故か水も背負っていた。 靴ズレが痛かった。



越中沢岳にて。 バテて動かない高野(;_;)。
左から高野弟、雨宮、永田、野入、三品、藤森、斉藤


冬合宿・金峰山


どことなくのどかな幕場風景。
左から平野先生、キジ森、三品、高野、ロバ田辺、佐藤ヒモ、蒔田、松宮(半分)



雪の瑞牆山頂で「傷だらけのローラ」を絶唱する三品。(この写真ではわかりませんが、目がいっちゃってます)。 元の写真に付されたメモを見ると、「新星バミゲルゲ、木枯らしにのって熱狂のデビューリサイタル」とあるので、恐らくこの時、三品が初めて山頂で絶唱したのだと思われます。歴史的写真です。



熱狂のデビューリサイタルを茫然と見つめる藤森。心中察するに余りあります。




home > history > reports top > 1973 report
prev. next

感想・追加コメントなどをこちらにお寄せ下さい。

(C) 2000-2017, azabu alpine club
photo - j.suzuki, n.sato, n.takano & others
all rights reserved.