[HOME] / [HISTORY] / [TODAY] / [OB]

[HISTORY TOP] / [Reports] / [Database] / [Iwatsubame]




1982




春合宿・奥秩父(瑞牆〜金峰〜国師〜黒金〜乾徳)


凍った道に悪戦苦闘しながら辿り着いた頂上。
お揃いのジャージは、夏厚く冬寒い過酷なものであった。(高坂)



千代の吹き上げ付近を行く。
アイガーの「強力」シリーズ、75キスリングが行く。(高坂)


参加者のコメント募集中。



参加者のコメント募集中。



参加者のコメント募集中。


シラベ平、下山日の朝。
こんな山中になぜか林道が、まっ平らなテントサイトだった。(高坂)
左から高坂、小沢、加藤、石井、伊藤、風間、大塚


夏合宿・薬師〜笠ケ岳


岩燕に詳細なレポートがあります。



home > history > reports top > 1982 report
prev. next

感想・追加コメントなどをこちらにお寄せ下さい。

(C) 2000-2017, azabu alpine club
all rights reserved.