道東のたび

5月25日 北大水席学部の百周年記念式典や同期会などがあり家内同伴で出席することになりましたのでついでに道東のたびを計画しました。今回はJRの旅と決め込んで25日早朝東京駅から新幹線で函館へ、26-27日と諸事を済ませ28日世界自然遺産の知床へ、先ず知床峠へ行き羅臼岳の迫力ある姿をカメラに収め国後島を遥かに眺め知床五湖を回り一泊、翌朝遊覧船でオホーツク海へ出て知床半島を真横から眺め知床連山の雄姿をカメラに収め、レンタカーで開陽台へ行き360度地平線が見え地球が丸く見えるのを実感できるる雄大な眺めを満喫し霧の摩周湖へ、天気がよかったので眺望もよく更に硫黄山、屈斜路湖を一望できる美幌峠と周り夕方釧路へ着きレンタカーを降り釧路の友人と合流し釧路湿原へ向かいました。翌30日は朝から友人夫妻の案内で釧路湿原をくまなく巡り厚岸まで足を伸ばし向こう岸にある北大の臨海実験場により夕方釧路に戻り夕食後空路羽田に帰りました。さすがに疲れましたが近頃借りの多い家内にはまとめて借りを返しこれで当分はわが意のままというところでしょう。

昭和25年小川法章


home > gallery > scenery > 道東のたび


(C) 2000-2017, azabu alpine club
unauthorized reproduction prohibited

ホーム || これまでの活動 || ギャラリー || コラム || 山岳部員・OB会員のページ || 掲示板 || このサイトについて
風景写真 || 登山写真 || 動植物写真 || 傑作写真 || 昔の写真 || その他写真 || ムービー展示室 || 管理者へメール