[chronicles]



2002年度山行記録

2002年(平成14年)7月
  • 白馬岳夏合宿(7月21日-24日)L松江康紘(中三)、SL藤森俊、高橋智也(中二)、増子寛(顧問)。
    • 7月21日:新宿駅(23:50-)
      9:00集合だったが早すぎた
    • 7月22日(曇時々雨のち晴)白馬駅(5:39-6:05)=栂池高原(6:30)=(ロープウェイ)=栂池自然園(8:30)-白馬大池(11:45)
      白馬乗鞍の前に雪渓があったのが意外だった
    • 7月23日(晴)白馬大池(5:55)-小蓮華山(8:00)-白馬岳(11:15)-キャンプ地(12:00)
      朝からかなりいい天気だった。 目の前にある山になかなかたどりつかなかった。
    • 7月24日(晴)キャンプ地(6:55)-大雪渓-猿倉(12:00)=白馬駅=新宿(16:36)
      雪渓の途中で増子先生の靴がはがれた。 在京連絡をしなくて怒られた

      今回の白馬岳登山は3000メートル級の山であること、雪渓の上を歩いたことなど初めてのことが多くとても面白かった。山岳部に入って初めての登山だったがとても多くのことを経験できたので良かった。この経験を次にも生かしていきたい。(高橋)

      白馬山での雪渓を歩くことはとてもいい経験になり、アイゼンなしでの登山・下山に挑戦してみたいと思いました。(藤森)

12月
  • 秩父雲取山冬合宿(12月25日-26日)L松江(中三)、佐藤、土本(高二)、野本勇(顧問)。
    • 25日:立川=奥多摩=鴨沢-堂所-ブナ坂-奥多摩小屋キャンプ地
    • 26日:奥多摩小屋-小雲取山-雲取山-雲取山荘-大ダワ-芋の木ドッケ-白岩山-霧藻ヶ峰-三峰26日: [A隊]竜門小屋-狐穴小屋





  • 秩父御岳山・中学冬合宿(12月30日)L藤森、高橋(中二)、鈴木順二、藤森隆(OB)。三峰口(10:23)=落合(10:40-10:45)-休憩(11:47-11:57)-頂上(12:30-13:10)-休憩(14:10-14:20)-三峰口(14:30)

    天候は快晴、他に登山者は無く、実に静かな山歩きでした。
    積雪は頂上で約10cm、眺望は良好で、雲取、飛竜、両神をはじめ、遠くは、雪をかぶった浅間や上越国境の山々も眺められました。 積雪期のコースとしては、落合〜頂上間には滑りやすいところが多いので、今回のように登路に使ったのは賢明でした。(鈴木談)


平成15年2月
  • 高尾山・自然観察山行(2月3日)L松江(中三)、藤森、高橋(中二)、森美文、鈴木(OB)。高尾駅(9:45)=小仏(10:10-10:20)-景信山(11:30-12:30)-小仏峠-城山(13:30-14:00)-高尾山(15:00)-薬王院(16:30-18:50)-高尾山口駅(19:40)

    日没後、杉の大木につくられたムササビの「高層住宅」で出巣・滑空シーンを見ようとしたが、見つからなかったので、常緑樹のある餌場へ向かった。そこでようやく1匹みつけ、葉を食べているところを15分ほど観察した。夜寒い中見たムササビだったが、とてもいい経験になった。ありがとうございました。(藤森記)







home > history > chronicles > 2002
prev.year 前の年へ || 前の頁へ || この年のトップへ || 次の頁へ || 次の年へ next year

(C) 2000-2017, azabu alpine club. all rights reserved.

ホーム || これまでの活動 || ギャラリー || コラム || 山岳部員・OB会員のページ || 掲示板 || このサイトについて
岩燕 || 活動記録トップ || 40年代 || 50年代 || 60年代 || 70年代 || 80年代 || 90年代 || 00年代 || 目次 || 管理者へメール