会員紹介 & 近況 [news]

OB会員の近況、各方面での活躍などをお伝えするページです。
 

「川崎春彦画伯(元麻布高校美術の先生)の富士山スケッチ登山を
サポートするAAC,OB有志」

(投稿者:溝口)


山小屋の前で。川崎先生と大物OB会員


頂上で。川崎先生(赤いシャツ)、近藤(S30〜その左下の白帽)、
橋本(S31〜サングラス中央)、福井(S35)、
溝口(S38)、関根(S39)の顔が見える。
この後、頂上測候所を見学した。



川崎春彦・橋本龍太郎対談

川崎 いつか、山中湖のアトリエにきてもらったね。

橋本 それはね、富士山を描きたい一心で探しにいったに違いない場所なんだ。

川崎 富士山に一緒に登ったね、三年前だったっけ。

橋本 それは思い出したくない。下山したら、金丸さんが副総裁辞任の声明をしていた.ちょうどあの日だったんですよ。でも先生はあのとき、いきなり頭が痛いなんていいながら二、三枚スケッチをして居られたでしよう。

川崎 無理やりだまされて連れていかれたんだよ。僕が「富士山は描いているけど、登ったことがない」なんて話したら、麻布の山岳部の連中が…….

橋本 「工事用のブルドーザーで上までいけるから行こう」ってだましたんです。

川崎 「歩かないでいいんだったら行こう」と君を無理やり誘って…….

橋本 でも実は歩いたほうがよっぽど怖くなかった。

川崎 ほんと、あれは怖かったね(笑)。

橋本 ええ。あの胸突き八丁をブルドーザーで上がるというのは、本当に怖い。

川崎 肩凝っちゃった。必死でつかまってたから。足は疲れなかったけどね。

橋本 僕は下りは申し訳ないけど、怖いから「先生どうぞお乗りください」って、歩いて帰ってきた。

川崎 みんなは「写真を撮るから」とかなんとかいって、途中で降りて逃げた。

橋本 あのブルドーザーで下りることを考えたら、命が惜しくなりましたよ。

川崎 それもいままでいったことがない「測候所の玄関までつけろ」と僕がいったもんだから、「やってみます」ってトライしたんだ。そしたらガリガリ、ガリガリってスリップしちゃって……。あれは怖かったね。

橋本 いやー、怖かった!冬の富士山というのは本当に怖いんです。僕は三回ほどチャレンジして、実は一度も登れていないんですよ。その冬富士の怖さなんて、川崎先生のお供でブルドーザーで登った富士山の怖さに比べたら、たいしたことないです。

川崎 しかし、あれは規則としては違反だね。

橋本 いや、だから工事用なんです、あれは。

川崎 工事用か。工事をしにいったんだ。僕は、工事人!

月刊公論・1995年7月号より抜粋



 


home > members > ob's room > news > 03

(C) 2000-2018, azabu alpine club
all rights reserved.

ホーム || これまでの活動 || ギャラリー || コラム || 山岳部員・OB会員のページ || 掲示板 || このサイトについて
お知らせ || 活動記録 || 八ヶ岳山荘 || 会員紹介 || データ || 管理者へメール