小倉茂暉さんを悼む


このページでは、OB会員より寄せられた追悼文を掲載しています。


小倉茂暉君を追悼する

小田薫(1948年卒)


2004年(平成16年)6月6日16時36分小倉は都立府中病院で、董子夫人(通称ブーチャン)に看取られて73年の生涯を静かに終えた。1日の夜危篤状態との知らせを近藤より聞いて、2日午前中お見舞いに行ったが酸素吸入・点滴などの治療がなされていて本人は熟睡中だったので話をすることは出来なかった。董子夫人の話では5月27日食べ物が呑みこめなくなり緊急入院したがその後昏睡状態になったとの事。昨年6月20日に入院して7月7日に食道を手術してから約1年、こんなに早く別れが来るとは夢にも思っていなかった。

手術の経過もよく退院してからはお酒も飲めるようになり、麻布234回(同期会)の常任幹事を務め、社団法人日本山岳会の役員として地方へも元気に飛びまわっていた。12月8日再度入院した時にどうも癌が転移したようだと話していたのが気がかりだった。退院後会った時、どうも本調子にならないと言っていたが、転移した癌の治療は難しかったのかもしれない。ご両親はご長命だったのだから小倉の身体にも長命のDNAがあったのだろうけど、どうして傷ついてしまったのだろうか。6月8日最後のお別れをしたが、いつもかぶっている帽子を脇におだやかな顔をして眠っていた。

山岳部最初の山行の様子。小仏峠。

小倉と知り合ったのは1943年(昭和18年)4月麻布中学校に入学した時である。共に1931年(昭和6年)3月生まれで小倉の方が2日早い。中学2年生の時に学徒動員で学校に近い工場に夫々駆り出された。3年生の夏に終戦。学校は焼けなかったので秋から授業が始まったがまともに勉強する気にもならず、食糧難の耐乏生活を送りながらいつしか山に行こうと小倉、中村、飯島、桜井、成瀬等と山岳部を創った。最初の山行は6月に高尾山に行ったが84名の参加があった。奥多摩、丹沢、秩父、尾瀬、富士山と毎月関東周辺の山へ出かけていた。麻布は5年生で卒業した。旧制中学校最後の第53回の卒業生である。卒業生の多くは新制の高等学校へ進級したが、小倉は早稲田に入り山岳部に入部した。麻布時代の小倉はひ弱で身体も大きい方ではなかったが、早稲田の山岳部でしごかれて丈夫になった。同級で65名の入部者がたった3名になったとぼやいていた程それはすさまじいシゴキであったらしい。1948年の7月私が穂高涸沢に10日滞在してから徳本峠を越えて下山の時、たまたま徳本峠で早稲田の一団に会ったら小倉が居た。身体より大きなキスリングを背負っていたのを今でも覚えている。同級生にマナスルを初登頂した日下田実氏がいる。

小倉が悔やんでいたのに麻布学園山岳部の遭難がある。1972年(昭和47年)4月10日那須朝日岳で高松武信君と坂本道哉君の2人が登山中雪崩にあい遭難死した事件である。当時麻布の山岳部は「OB会で面倒を見ます」と言って指導委員会制度をつくつて小倉が初代の代表指導委員になり、代々引き継がれてきた。しかし学園紛争などがあり、OBと現役の間に断絶ができ、山岳部部長先生とも意思の疎通が充分でなく悲劇を招いてしまった。部報岩燕の「那須朝日岳遭難追悼号」に詳細な記録があるが、小倉はこの遭難を風化させまいと13回忌まで毎年この遭難現場を訪れ2人の霊を慰めていた。1984年(昭和59年)6月24日「13回忌・那須追悼登山」及び「慰霊祭」はご遺族、大賀校長、中村、立松両理事、教職員,地元関係者、OB、現役、と60名以上の参加をみて盛大に行われた。やつと肩の荷をおろした日となつた。小倉は1949年(昭和24年)冬の赤谷尾根より剱岳の合宿で足の指が凍傷になり長い距離を歩くのに不自由していた。叉スキーで複雑骨折もしていた。丸12年那須の山登りはつらかったようだがけっして弱音は言わなかった。

6月8日の告別式で、社団法人日本山岳会の平山善吉会長は小倉が50年間山岳会に尽くされた功績を称える弔辞を読まれた。常任理事、副会長、常任評議員としての足跡は全国会員の胸に残されている。叉同級生だった日下田氏は弔辞で早稲田大学山岳部、稲門山岳会での活躍を偲ばれた。人生80年の時代なのだからもう少し長生きして欲しかった。麻布を愛し、山岳会の発展に尽くされ、家族からも頑固と言われながら孫を可愛がっていた小倉の姿はもう見られない。心からご冥福を祈ります。合掌



本当に有り難うございました


近藤隆治(1950年卒)


小倉さんは私の兄貴分でもあり 恩人でも有ります 心から有り難う と お礼を申し上げたい先輩です

私が麻布中学2年の頃から山岳部を通して半世紀以上のお付き合いでした 数々の合宿も厳しく指導を受けました ある時は麻布の山岳部員の技術向上のために 早稲田大学の現役部員を連れて来てくれた事も有ります その中にマナスル登頂者の日下田 実さんも居たことを覚えています 学校出た頃 小倉さんに金がないから只で山に行ける方法は無いかと相談をしたところ「よし 解った」、と当時山岳映画家の福原健司さんに紹介をしてくれました それ以来 無報酬で助手をしながら一人前に成り 映像の世界に飛び込んでしまい ドキュメンタリー作品を製作しつつ私の人生の大半を送ることが出来ました

お陰で世界中の秘境 オリンピック取材 内外の山々 を旅したのです 中でも 1962 年早大のペルーアンデス遠征隊隊員として推薦をされ ネバド。アルパマヨにも登頂することが出来ました これら全て小倉さんのお陰と感謝しております また早い内から日本山岳会(会員番号 4473)に入れて戴き多くの仲間も出来ました 今も楽しく遊んでいます

勿論 AAC に於いては OB の仲間がそれぞれにお世話になり数多くの思い出があります 小倉さん宅での想いで ご家族の事 八ヶ岳山荘の建設 数えられません

本当に有り難うございました これからも麻布の仲間は小倉さんを忘れる事は無いでしょう

合掌



小倉先輩を悼む


三島秀介(1958年卒)


遂にわが尊敬してやまない小倉さんがなくなってしまった。怪物、仙人、そして快人でした。告別式の最後のお別れで、私は厳かなご尊顔に拝し、思わず手を合わせて「本当にありがとうございました」と言葉が出た。

先輩との出会いは、まだ中学2年の入部の頃、とにかくお元気な「3人組」 のなかで、他の二人を叱ったり、煽てたりされていた背の高い愉快な人 と言う印象でした。それが高1になった途端、「鬼の小倉」に豹変。ピッケルでけつをぶたれるは、こ突かれるは。小生の怠惰な性格を徹底的に変えさせられた「大恩人」です。

1956年、夏。穂高にて。

小生がリーダーを務めていた頃、先輩は代表指導委員として、合宿山行の考え方を細かいことまで逐一ご教授頂いた。「山では細かいことが死命を制する」 が先輩の口癖であった。そのことがこれまで小生の会社組織での仕事にどれだけ役立ったか計り知れない。

私は先輩が信念とされていた「言行一致」をしかと感じたことを2点お伝えしたい。それは「俺はしごくが絶対に死なせない」の信条です。夏の北ア穂高合宿で、唐沢への道で高1のN君が足をくじいて歩行不能になった。そこで先輩が「後は俺に任せて合宿を続けろ」と、彼を背負ってすごいスピードで下って行った。その後ろ姿を見て「責任を持つ」ことの意味をしっかり学ばせて頂いた。一点は那須岳遭難事件のことです。遭難後毎年命日月にはOB会で現場への慰霊山行を実施してきたが、先輩はついに一度も欠かさず13回忌まで現場に足を運ばれた。このことを持ってしても、先輩の後輩を、AACを思う気持ちの純粋さに敬意を表してもし切れない思いです。

「俺は酒は嫌いだ」と言って、サイダーを浴びるほど飲まれた先輩が、後年はその酒を浴びるほど飲まれていた。実に不思議な人です。奥の深い人です。 お世話になった先輩の「AACへの想い」の一端でも叶えられればと、AAC/ OB会に尽力したいと思っております。私もあの世へ行った時、ピッケルでけつをぶったたかれないように。 合掌

平成16年6月12日



小倉さんを追悼して


佐藤則秋(1964年卒)


戸隠の小屋で、部屋内から戸袋を塗っていると中から蜂が飛び出して、小倉さんは確か蠅叩きを片手におれの後ろでハッタハッタと励んでおられました。
それを後ろから見ていた董子さんはパパが<ひも>を潰しちゃうんじゃないかと案じられていたそうです。

...笑いながらそう言えばどちらかといえば
蜂の刺しよりも後ろの気が
気になって仕方のなかった虫も殺せない<ひも>でありました。

ランプの下での麻雀抜けていく朝の空

小倉さんはこんなことも話してくれました。
"この前、戸隠をひとりで水も持たずに縦走した。意外にきつかった"...と。
途端に目の前に浮かんでいる針峰群に畏敬の念を抱いてしまった<ひも>でありました。

頬に涙が渇いてゆくその刹那
北の水平線の果てに微笑みが広がってゆく
その蒼白さにその暖かさに66冬
刹那洞に風が吹き抜けて
うっすら震えて
もう何処にも誰もいない

小倉さんほんとうに有難う御座いました。

ひも
04.6.20

小倉茂暉さん追悼のページに戻る


home > members > ob's room > ogura san > memorial


(C) 2000-2018, K.Oda, T. Kondo, S. Mishima, Himo and Azabu Alpine Club.
all rights reserved.

ホーム || これまでの活動 || ギャラリー || コラム || 山岳部員・OB会員のページ || 掲示板 || このサイトについて
お知らせ || 活動記録 || 八ヶ岳山荘 || 会員紹介 || データ || 管理者へメール