活動記録 [activities] - 2007年度

 

忘年会が行われました(2007/12/2)

12月2日(土)

懐かしい面々とも会え楽しい一時を過ごしました。

とりあえず私のデジカメ画像を貼付します。

では、会員の皆様良いお年をお迎え下さい!

(来年の課題)

三島会長・宮崎理事長は暫定的に1年間だけ任期を延長しました。中年会員の諸君来年度は引き継ぎますヨ。よろしく。

宮崎専輔



AAC・OB会理事会報告

2007年9月8日3:00P.M. にAAC・OB会理事会開催されましたので、報告いたします。

場所 :ホープ株式会社経営企画室内

日時 :2007年9月8日3:00P.M.〜6:00P.M.

出席者:近藤隆治(S30)、三島秀介(S33)、宮崎專輔(S35)、鮫島員允(S38)

    鈴木順二(S46)、藤田信一(S49)、計6名  ※欠席理事からは一任の連絡あり。

各委員会の活動について、以下の議論がなされました。

1.サポート委員会

藤森(H17)君を加える。

遠藤(外部)さん、小田(S23)さん、深沢(S33)さん、古川(S34)さんについてサポート委員を依頼するかどうか今後の検討課題とする。

3.山荘委員会

(1)営繕

  • 上領(S45)さんが、壁面塗装を完了した旨、宮崎から報告があった。
  • 薪ストーブについて安全性の面から以下の項目を調査検討することになった。

    検討課題として以下の項目が挙げられた。

    1) コスト、メンテナンスについて、調査する。
    2) 講習会(ストーブ大学)等に参加したり、資料集めたりして、安全性を確認する。

    3) 仮に薪ストーブを導入するとしても、詳細な利用規程の作成の必要性あること。

    1. 屋根とハフの部分の塗装について上領さんに依頼することが決定された。
    2. 漏電のチェックとアンペアのアップについて、平山に依頼してはとの動議がなされ、今後の検討課題となった。
    3. 座布団を購入することとなった
    4. 絨毯を洗濯する。平山に問い合わせることなった。

    (2)利用

    • 山荘利用の最終日の午後から別の人が使える旨のホームページに記載できるか、高坂君に藤田が確認する。
    • 会員外も使えるようにする。

    1) 当該OB会員の保証→OB会員の知人

    2) 顧問先生の許可→学校関係の利用

    3) 理事長の許可→現役のご家族

    • 予約について現在の1ヶ月前を、

    1) OB会員については2ヶ月前からに、

    2) 非会員については、1ヶ月前からに、

    してはとの意見だされ、今後の検討課題とする。

    (3)利用ガイド

       ちらしについては、材料をもらえれば、三島が作成することとなった。

       材料のご提供をお願いします。

       ホームページに周辺ガイドを掲載できないか、ホームページ委員会に確認する。

    4.歓迎会 

    新会員の藤森俊君他3名に、AACの額入りペナントを贈呈することとした。これは今年度からの新しい企画。

      

    5.忘年会 

      実行委員長:鮫島

      スクワール麹町にて12月1日(土) 5:30P.M.~7:30P.M.

      \5,000コース  40名弱予定

      学生会員:\2,000  遺族会員:ご招待  ご招待印→令夫人

      2次会:手配鮫島

      はがき作成:三島

      10月27日(土)2:00P.M. はがき作成 近藤さんホープ事務所

     

    6.会費

      3年ピッチで個別で通知する。

      2年前まで、明示。ただし、今後の検討課題とする。



    総会が行われました(2007/5/19)

    5月19日(土)

    〔出席者 = 写真左から右へ〕 藤田 (S49年卒)、小川 (S25年卒)、近藤 (S30年卒)、小田 (S23年卒)、鮫島 (S36年卒)、三島 (S33年卒)、福井 (S35年卒)、森 (S44年卒)、宮崎 (S35年卒)、武藤 (S42年卒)、鈴木 (S46年卒)

    議事録

    AAC・OB会 2007年度定例総会 議事録

    日時:2007年5月19日 3:00PM?5:30PM 
    場所:麻布学園相模湖記念室

    出席者:小田薫(昭和23年)、小川法章(昭和25年)、近藤隆治(昭和30年)、三島秀介(昭和33年)、福井明夫(昭和35年)、宮崎專輔(昭和35年)、鮫島員允(昭和38年)、武藤光盛(昭和42年)、森美文(昭和44年)、藤田信一(昭和49年)

    司会:宮崎專輔
    記録:藤田信一

    議事:

    1. 開会挨拶(三島会長)
    2. 新会員紹介(宮崎)
      1. 新会員
        藤森俊(早稲田大学)、高橋智也、橋本、柴山健太郎(東大)、財間、鈴木各君の名前があがったが、藤森父子の間で誰が新会員なのかで意見が異なるため、確認することとなる。名簿発行までに、確認することとした。(その後確認。財間・鈴木は除く)
      2. 新会員が大学の行事等で出席できないため、ペナントを藤森ほか上記による確認後新会員(4名)に進呈することを決定。
      3. ペナントについて、
        一般に配布。送料別で、4千円。
    3. 一般会計(三島)
      1. 収入¥794,099 支出¥189,774 当期収支¥604,325
      2. 収入のうち、¥613,670は保険金の返戻金なので、実質は、1万円弱の赤字であること。
      3. 会費を総会等で受け取る時は領収書を必ず出す。
      4. 山荘立替金(借方)¥2,945,407と山荘仮受金(貸方)¥2,000,000の差額¥945,407を青松基金から入金時点で、会計担当者(小澤)と監査役(福井、武藤)が相談して、山荘立替金と山荘仮受金の各勘定を相殺することとする。
    4. 会計監査(福井・武藤)
      表示面で、いくつかの問題点があるが、会計報告自体は適正である旨、の確認の報告がなされた。(出納伝票と照合が未了ゆえ追って理事会で確認することとした。)3.での留意点を確認の上、一般会計報告について、承認がされた。
    5. 60周年記念事業会計報告(三島)
      1. 収入¥1,389,000 支出¥1,300,752 収支¥88,248
      2. 収支¥88,248は一般会計へ振り替えた。
      3. 以上につき、監査報告とともに承認された。
    6. 山荘会計報告(藤田)、監査(福井・武藤)
      1. 収入¥102,500 支出¥135,536 当期収支¥−33,036
      2. 収支そのものは適正と認められるが、報告書の表示がわかりにくいとの指摘(福井)。藤田が収支報告書に、立替金の精算を含めたため。以降、立替分は報告前に、一般会計に請求して精算することとした。
      3. 一般会計の支出に含まれている山荘関係の支出につき山荘会計に一括する旨要請があり(近藤)、一般会計で支出が行われる固定資産税、火災保険料の支払いについて、支払いは、現行通り、一般会計で行うが、山荘会計で当該支出を含めた形の収支報告書を作成することとする。
      4. 以上につき、承認。
    7. 山荘改修
      1. ベランダの改修、
      2. 外壁の塗装(上領(昭和45年)氏に依頼)
      3. 薪ストーブの購入
      4. 済み。2)で30万円、3)で35万円を山荘改修費として青松基金から追加支出することとし、以上で、青松基金による、山荘改修を一端打ち切ることとする。
    8. 現役現状報告(宮崎)
      1. 現在20名
      2. 現役OBの懇親会がしばらく開かれていないが、早期に開催すること。
    9. News Letter(鈴木)
      1. 記載事項
        1. 60年記念事業報告
        2. 次期会長
        3. OB近況(昭和34,44,54から10名) 現在3名から原稿
        4. 訃報 佐藤義昭氏(昭和33年)
        5. 新会員
        6. 谷垣さんの報告
      2. 郵送について
        1. News Letter
        2. 会員名簿
        3. 会費振込票
        4. 山荘広告ちらし
    10. 07年版名簿発行について(宮崎・藤田)
      1. 名簿について、News Letter 発送時に、一緒に送るので、それまでの間に、できるだけ、校正を行う。
      2. 昭和23年卒、昭和24年卒の表記についての意見(小田)
        昭和23年は学校制度が6533制から6334制への移行期であり、23年卒と24年卒とに分かれているため、正確に記載する旨の要望があり、今回の名簿では、正確を期す旨、確認。
    11. 議事:
      1. 次期(07〜09年度)会長、理事長の選出
        会長、理事長とも、新候補者が出ず、1年以内に、新体制を確立することを条件に三島会長、宮崎理事長の体制で、1年間だけ、運営する旨の了解が、三島、宮崎から得られ、同体制を承認。

    以上




    • 2006年の活動報告はこちらをご覧下さい。
    • 2005年の活動報告はこちらをご覧下さい。
    • 2004年の活動報告はこちらをご覧下さい。
    • 2003年の活動報告はこちらをご覧下さい。
    • 2002年の活動報告はこちらをご覧下さい。
    • 2001年の活動報告はこちらをご覧下さい。
    • 2000年の活動報告はこちらをご覧下さい。



    home > members > ob's room > activities

    (C) 2000-2017, azabu alpine club
    all rights reserved.

    ホーム || これまでの活動 || ギャラリー || コラム || 山岳部員・OB会員のページ || 掲示板 || このサイトについて
    お知らせ || 活動記録 || 八ヶ岳山荘 || 会員紹介 || データ || 管理者へメール